三社間ファクタリングについて解説します!

三社間ファクタリングの豆知識

三社間ファクタリングの嬉しいメリット

三社間ファクタリングの嬉しいメリット 三社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社だけでなく売掛先も関与する取引なので、貸し倒れのリスクが少なく手数料が安いというメリットがあります。
この取引を行う場合には売掛先の同意が必要になり、ファクタリング会社の口座に直接入金されます。
一般的な手数料の相場は二社間だと譲渡する売掛金債権の6%から40%ほどですが、三社間ならば1%から5%ほどとなっています。
三社での取引の方が貸し倒れリスクが少ないため、審査を通過しやすいというメリットも存在します。
売掛金債権の売買は貸金業法の規制対象となる融資ではないので、大手企業もサービスを提供しています。
二社による取引は債権譲渡登記が必要なため、個人事業主が利用できず法人のみが利用できました。
三社での取引ならば支払企業の同意があるため債権譲渡登記は不要で、個人事業主でも支払企業の同意があればサービスを利用できます。
個人事業主の場合やより安い手数料で資金調達をしたい場合には、三社でのファクタリングがおすすめです。

三社間で行うファクタリングの審査は厳しくない

三社間で行うファクタリングの審査は厳しくない 企業間取引においては、大きなお金が動くため手形のやり取りをすることが多いです。
手形は商品やサービスを提供してからすぐに現金化できるものではありません。
たいていは2ヶ月から3ヶ月待ってようやく現金化されることになります。
もし資金繰りが苦しい企業の場合、手形が現金化されるまで待っていると倒産する恐れがあるためファクタリングを利用することが少なくないでしょう。
ファクタリングは、三社間で行われるものがよく利用されています。
これは、債権譲渡の形で債権を業者に渡しそのかわりそれに匹敵する位のお金を業者から債権者がもらうことになります。
債権譲渡をする場合には、相手方に通知をしなければなりません。
そのため相手方に債権者が経営難であることがばれてしまう可能性もあります。
そのかわり、審査はそれほど厳しくないため利用しやすいのが魅力です。
審査が厳しくない理由は、高い確率で債権が回収できる保証があるからです。
少なくとも二重譲渡等をすることができない点において債権の回収は容易になると言えるでしょう。