三社間ファクタリングはハードルが高い

三社間ファクタリングの豆知識

三社間ファクタリングはハードルが高い

三社間ファクタリングはハードルが高い 三社間ファクタリングは二社間の場合と比較して手数料が安いため、一見するとハードルが低いように思われます。
しかし実際には売掛先の承諾を得なければならず、利用者の経営状態を知られてしまうのでハードルが高いというデメリットが存在します。
二社間ファクタリングでは債権譲渡登記が必要なため法人だけがサービスを利用できました。
三社間の場合は売掛先の承諾を得るので債権譲渡登記は不要で、個人事業主もサービスを利用できます。
ただし力関係の弱い中小企業や個人事業主が売掛先に経営状態を知られると、経営状態の悪化を懸念されて取引を停止されたり発注量を減らされる可能性があるので注意が必要です。
一般的にファクタリングの手数料相場は、二社の取引だと売掛金債権の6%から40%ほどとされています。
三社でファクタリングを行う場合の手数料相場は1%から5%ほどと安くなっていますが、取引を停止されるなどの可能性を考慮した上で慎重にサービスを利用する必要があります。

即日にお金が欲しい場合には三社間ファクタリングは難しい

即日にお金が欲しい場合には三社間ファクタリングは難しい 企業などで支払いが迫っており、急に現金が必要な場合には融資を受けるが手形割引などの方法がありますが、最近ではファクタリングがよく利用されています。
これはまだ現金が入金されていない売掛債権を第三者の金融機関に売却することで現金を得ることができる方法ですが、大きく分けてニ社間と三社間のものがあり、どちらを選ぶかによって入金のスピードが変わるので注意が必要です。
即日に現金が欲しい場合にはニ社間の方が確実で、三社間の場合には取引相手の企業にもファクタリングを行っている事実が伝えられてしまうこと、またその相手の会社の信用調査なども行うことになるため基本的に即日に入金される事はありません。
また場合によっては相手の会社が拒否する場合もあり、この場合には売掛債権そのものが買い取ってもらえないことになってしまうので注意が必要です。
ニ社間の松田リングの場合には手数料が高いと言うデメリットがあることが多いのですが、すぐに現金化できる可能性が高いのがメリットです。