三社間ファクタリングについて解説します!

三社間ファクタリングの豆知識

三社間ファクタリングは手数料が安い

三社間ファクタリングは手数料が安い ファクタリングの方法は、利用者とファクタリング会社の二社間に行われるものと、ここに売掛先起業を入れた三社間で行われる方法と大きく2通りの方法があります。
前者は、利用者のもとに売掛先起業から支払いが入ったら、それをもってファンタリング会社に返済するのに対して、後者は売掛先起業がファクタリング会社に直接お金を支払います。
二社間のメリットは売掛先起業にファクタリング会社を利用していることが知られないということです。
知られてしまうと経営に余裕がないことがわかってしまいます。
その代わりに手数料が高く設定されているデメリットがあります。
それに対して三社間の場合は、すべてが知られてしまいますが、手数料が安く設定されているというメリットがあります。
これは直接売掛先起業から回収することができるので、回収リスクが軽減されるからです。
どちらの方法もメリットとデメリットがあるので、よく理解した上で選択する必要があります。

三社間で行うファクタリングは大手を利用してみる

三社間で行うファクタリングは大手を利用してみる 企業が、資金に困った場合には様々な借り入れ手段があります。
最近はファクタリングを利用する人も少なくありません。
これを利用することにより、一時的に資金を前借りするような形で手に入れることができるからです。
企業間取引においては、手形等を発行するため商品やサービスを提供したときに支払われると資金は2ヶ月後から3ヶ月後に入ることになります。
その間に倒産をしてしまわないようにファクタリングを利用する仕組みになるわけです。
ファクタリングの中でもよく利用されているのが、三社間で行われるものになります。
これは、債権者が業者に債権譲渡を行うのが特徴です。
債権譲渡を行うのは、第三者に対抗するためです。
ただ、債権譲渡する場合には債務者に対して通知をしなければいけません。
債権者側がこの通知をした場合、債務者はそれに対する承諾を行う必要があります。
絶対に承諾しなければならないわけではありません。
しかし、大手の業者が絡んでいる場合には、債務者の方で信頼できると判断することが多く、譲渡の承諾をしてくれる可能性が高まります。